ホーム > 看護部紹介 > 部署紹介

部署紹介

10F緩和ケア

9F療養

8F一般内科

7F消化器外科・内科

6F脳神経外科・泌尿器科

5F整形外科・形成外科・眼科・皮膚科

4F循環器内科HCU/CCU中央手術室臨床工学部

3F産婦人科小児科レディース外科系外来リハビリ外来手術室

2F管理エリア内科系外来透析室化学療法室

1F患者サービス室内視鏡室健康管理室薬剤部検査室

B1F救急外来放射線部

3〜7階急性期病棟

看護配置:7対1
看護方式:チームナーシング
46〜50床の急性期病棟です。患者さんがよりよく生活できるよう、あらゆる健康レベルに応じた援助を提供しています。

質の向上を目指す師長、経験豊富な主任、頼れるお姉さん的存在のリーダーNs、優しく元気な中堅Ns、パワーあふれる2年目Ns、ひたむきな新人Ns、しっかり者の看護補助者たちで日々奮闘。

部署の垣根を越えたサポート体制があり、より良い看護を提供できるようチームワークを生かして頑張っています。

患者サポートセンター

各病棟の病床数・業務の平均化を図るためのベットコントロールや入院前方支援ケースワーカー・病棟スタッフと連携しての退院調整を行なっています。

また、患者相談窓口(受診相談・療養相談・がん患者及び家族からの相談・緩和外来予約など)を担当しています。
歯科衛生士2名が病棟スタッフと連携して、患者さんの口腔ケアを実施しています。

健康管理室

治療から予防へと医療の流れも大きく変わってきています。

健康管理室は病気になってから治すのではなく、生活習慣病から身を守る予防医学に力を入れており、受診者の健康管理の手助けをしています。

検査を安全に行い、不安の軽減に努め、予防のための生活習慣の改善について丁寧にアドバイスをしています。

外来 3F

外科系各科、産婦人科、泌尿器科と外来手術室があります。
各科とも専門性が高い科のため、安全に配慮し、患者さんに「ぜひまた来たい」と思って頂けるよう笑顔で親身な対応を看護師一同心がけています。

外来 2F

内科、循環器、脳外科、小児科、メンタル科、透析室、化学療法室があります。

安心して医療が受けることができるようにお手伝いすると共に、細やかなケア―を笑顔で提供しています。

透析室

当室での治療は、血液透析、血液浄化療法を行っており、年齢、家族構成も異なる多くの方々が治療を受けています。

個々に適した指導をし、制限ある生活の中で楽しみを見つけてもらえるよう日々の業務に努めています。

化学療法室

外来の患者さんにがんの化学療法を行います。窓からは緑が臨め、ゆったりとリラックスした気持ちで治療を受けられるよう、リクライニングチェアとベッドを配置しています。

救急外来 B1F

当院は、二次救急指定病院として、幅広い患者さんへの初期治療を行っています。

積極的に勉強会を開催し、知識の向上、共有に努め、安心して治療が受けられるような医療を提供することを目指しています。

このページのトップへ