ホーム > 先輩リレーメッセージ

KOSEI にじいろナース

緩和ケア病棟 師長

西谷 智穂さん

1

師長の役割・やりがい

 師長の役割は、病棟の目標を決めそれに向かってスタッフが気持ちよく働けるように、現場を整えることだと考えています。そのために、スタッフの勤務調整や体調管理、物品の管理、ベッドコントロール、他部署との交渉などを行なっています。
 スタッフとも常にコミュニケーションをとり、病棟スタッフ全員で一つの目標が達成できるよう、調整しています。色々な調整が多い分、うまくいかず心が折れそうになることは多々ありますが、病棟のスタッフが常に支えてくれるため、目標が達成された達成感はひとしおで、とても嬉しく感じます。

2

緩和ケア病棟

 ホスピス・緩和ケア病棟というと、終末期のお看取りの場所と考えがちですが、患者・ご家族が最後まで自分らしく生活できるための生活の場所をコーディネートし、皆が満足してその日を迎えられるよう医療的介入でお手伝いをする科です。

3

緩和ケア病棟での経験

 患者・ご家族にとって大切な時間を、一緒に泣いたり笑ったりできる素敵な病棟です。
 先日、結婚式を間近に控えた娘さんから、ぜひ入院中のお母様に花嫁姿を見せてあげたいとの相談が2件ありました。そこで病室や1階ホールの調整をし、患者さんにウエディングドレスを披露する場の調整を行い、実現することが出来ました。両家族ともとても素敵で、患者さんは大変喜ばれました。スタッフ一同もワクワクした気持ちになり、思い出になるひとときになりました。

このページのトップへ