ホーム > 先輩リレーメッセージ

KOSEI にじいろナース

7階(消化器病棟)

金子 郁乃さん

1

佼成病院を選んだ理由

結婚を機に転居したので自宅から近い病院を探していました。自分がこの先暮らしていく地域の医療に貢献したいという思いがあり、地域の中核病院である佼成病院を選びました。面接の際のスタッフの雰囲気がよく、また託児所も設置されており、佼成病院であれば出産後も長く働いていけると感じました。

2

どんな職場

私が働いている病棟スタッフは、みんな明るく人に気配りできる人達です。

付属看護専門学校出身の看護師が多いですが、外部の受け入れもウェルカムで溶け込みやすいです。子供の病気などで急な欠勤など迷惑をかけることも多々ありますが、皆さんの協力と後押しもあり仕事を続けられています。

3

佼成のいい所

H26年9月に新設したので、清潔で働きやすいです。家族ぐるみで病院を利用されている方も多く、地域の総合病院として皆さんから頼りにされていると感じます。病院のスタッフには子育て世代も多くいます。産休・育休、時間短縮勤務の利用など各事情に合わせた勤務が可能です。

4

働いていて一番印象に残っている出来事

緊急手術で人工肛門を造設した患者さんがいました。その方は装具の交換に家族の支援が必要でした。患者さん・ご家族の生活スタイルに合わせた装具選択から指導まで関わった結果、「はじめはどうなるか不安だったけどあなたのおかげで無事退院できた」との言葉を頂き、笑顔で退院された事が印象に残っています。

5

休日の過ごし方やリフレッシュ方法

食べ歩きが好きなので、家族皆で食事に出かける事がリフレッシュになっています。暖かい季節には、自転車でパン屋巡りをして公園で食べました。杉並区には美味しいパン屋さんが多いです!

6

今後の目標

WOCケアの知識・技術を深めて行こうと思っています。特に人工肛門を造設した患者さん・ご家族の援助に関わっていきたいです。また、後輩の指導・育成により一層力を注いでいきたいです。そのためにも、看護師として働き始めた時の気持ちを忘れずに日々の看護業務を振り返り、改善する努力をし続けたいと思います。

このページのトップへ