ホーム > 先輩リレーメッセージ

KOSEI にじいろナース

3階病棟(助産師)

渡部、小澤、菅野、香川さん

1

助産師の役割

 佼成病院の助産師の主な活動は次のようなものです。
・出産介助
・出産準備クラスの開催
・退院後、電話訪問による育児相談
・わかばサークル(育児サポート)、母乳育児相談
ここでは、わかばサークルについてご紹介します。

2

わかばサークルとは

 通常、1ヶ月健診を最後に病院受診終了となりますが、佼成病院には「わかばサークル」というママサークルがあります。このわかばサークルは、産後、育児で孤独を感じる人が少しでも減るように友達作りや情報交換の場としての役割を果たしています。当院以外で出産された方も気軽に参加していただけるようになっており、毎月15組前後の親子が参加しています。私たち助産師も参加するため、簡単な育児相談や体重測定も行っています。参加者にとってはリフレッシュの場となるようでリピーターの方が多いのも特徴です。帰り際に母親の笑顔を見ることができると私たち助産師のやりがいにもつながります。 このわかばサークルは1歳までのお子さんと母親を対象にしており、自分がお産の介助をした赤ちゃんや、入院中に関わった親子のその後の成長が伺える場でもあるので、私たちにとっても毎月の楽しみでもあります。

3

メッセージ

 私たちは子育ての母親のサポート役です。主にサークルのときは見守り、必要とされたときに相談にのっています。母親同士での和が自然と広まり、助け合って笑顔でいる親子を見ることが出来ると、とても幸せを感じます。病院で場の提供ができることが嬉しいです。これからも親子にとって心地よい居場所を作れるよう頑張っていきたいです。

このページのトップへ