ホーム > 看護師の仕事 > 領域別の活動

領域別の活動

HCU・CCU 小児科 周産期 手術室
急性期病棟(7階) 療養病棟(9階) 緩和ケア病棟(10階)

HCU・CCU

領域の特徴

急変した患者さん・手術後の患者さんをはじめ、CCUの機能も果たしているため急性冠症候群や重症心不全の患者さんも多く入室しています。 HCUと手術室・血管造影室が隣り合わせにあるため、術後の患者さんをより安全安楽に移送しケアすることが出来ます。

主な仕事・活動

  • 術後管理・重篤な患者さんの治療・ケアを行なっています。
  • 手術を受ける患者さん・家族へ術前訪問し、術後のHCUでのケアの説明をしています。
  • 定期的に心臓カテーテル検査・ペースメーカー挿入・アブレーション等の介助に入り、循環器疾患への知識を深める取り組みをしています。
  • 一般職員対象のBLS講習会に講師として参加しています。
  • スタッフの知識向上・新人教育を目的に、毎月勉強会を開催しています。

メッセージ

様々な疾患の患者さんを対象としているため、幅広い知識と経験を得ることが出来る部署です。緊急性の高い事象が多く、緊迫した場面もありますが、スタッフはそれぞれの個性を活かし、協力しながら活き活きと働いています。

小児科

領域の特徴

小児科病棟は0〜15歳の患者を診療科目の区別なく対応しています。そのため、小児に関する幅広い知識・技術の看護を心がけています。また、小児科ならではの“家族を含めた看護”を必須とし、関わっています。

主な仕事・活動

  • 子どもの目線に立ち、入院中の子どもや家族一人一人に寄り添う看護を行っています。
  • 病棟の壁やプレイルームに、かわいいイラストの壁画を手作りするなど安心できる環境作りを目指しています。
  • 医師と看護師がカンファレンスや勉強会などを行い、連携し、地域の子ども達に安心・安全な医療サービスが提供できるよう努めています。

メッセージ

スタッフ全員、子どもが大好きで、活き活きと働いています。子どもから元気をもらえる部署です。

周産期

領域の特徴

妊娠中から、出産、出産後の周産期全般に対応し、母と子の健康状態の観察・看護ケア・指導を行っています。

主な仕事・活動

  • 出産準備クラスを開催しています
  • 出産介助をします
  • 退院後に電話訪問し、育児相談を受けています
  • わかばサークル(育児サポート)、母乳育児相談を受けています
  • 定期的に勉強会を開催しています。

メッセージ

お母さんと赤ちゃんが、安心、安全に過ごせるような環境づくり、また、スタッフの知識、技術を向上するべく勉強会を開催し、患者さんの心に寄り添った丁寧な看護が出来るよう努めています。

手術室

領域の特徴

院内の手術を請け負っています。

主な仕事・活動

  • 手術中の看護
  • 術前術後訪問で、患者さんの疑問や不安が軽減するよう努めています。

メッセージ

手術室は若手が多くこれからの成長が楽しみなスタッフが多くいます。手術室看護のスキルアップを目指し、日々努力をしています。
仕事に関しては、時に厳しい指導になることもありますが、皆が熱心に取り組んでいます。仕事が終われば、明るく元気なレディーに変身!昼夜、女子力アップ目指して奮闘中です。

急性期病棟(7階)

領域の特徴

7階病棟は、病床数50床の消化器内科・外科病棟です。特徴は、上部・下部内視鏡や胆肝膵臓の検査治療、手術、化学療法を受ける患者様が多い病棟です。

主な仕事・活動

  • 検査・手術・がん化学療法などを受ける患者さんへのケアをしています
  • すべての患者さんの不安や緊張が軽減できるような働きかけをしています
  • 終末期の患者さんやその家族には、常に温かい言葉かけを心がけています。
  • 多職種での患者カンファレンスを定期的に行なっています

メッセージ

全ての患者さんが「ここに入院して良かった」と感じていただけるよう、明るい笑顔と、思いやりの心で、安心と真心に繋がる看護に取り組んでいます。

療養病棟(9階)

領域の特徴

急性期治療が終了し、医療・看護のニーズが低くなった患者さんの在宅医療への移行支援や、他の長期療養施設などへの入所待機をおこなう事が目的です。入院期間は、3ヶ月を目安とします。

主な仕事・活動

医師1名 看護師8名 介護・看護助手8名のスタッフが、ベッド上だけの生活から離床時間を増やして生活リズムを取り戻す為に、生活全般の援助をしています。

メッセージ

時にはカラオケ大会等のイベントを企画。スタッフ・患者さんともに笑顔で楽しみます。

緩和ケア病棟(10階)

領域の特徴

がんによる苦痛症状を緩和する治療はできる限り行いますが、がんそのものの治療や延命治療は行いません。入棟に際して宗教の有無、教派などは問いません。対象となる患者さんは積極的な治療を望まれない悪性腫瘍の患者さん、当病棟でのケアを理解され、入棟を希望される方です。

主な仕事・活動

  • 緩和ケア外来の実施
  • 在宅療養中、今後の入院時期などのご相談
  • がんによる苦痛症状を専門的にアセスメントし、医師と共に薬剤調整し、その人らしく過ごせるように日常生活全般の援助をしています。

メッセージ

がんによる身体や心の深い苦痛など、日常生活に支障をきたす諸症状を緩和し、患者さんとそのご家族が今あるこのときをその人らしく生活していただけることを目指して援助いたします。季節ごとのイベントを通し、ご家族とともに大切な時間を過ごします。

このページのトップへ